【スバル・フォレスター】運転する際の安全性と自動ブレーキ・横滑り防止機能についてご紹介します。

新型

ここでは、スバル・フォレスターは、実際の所、運転がしやすのか?

運転しにくいのか?という所についてご紹介するのと

自動ブレーキの安全性についてご紹介します。

最近でもブレーキとアクセルを踏み間違えたというニュースも見ます。

ここで自動ブレーキが、どう活躍してくれるのか?

横滑り防止機能についてのご紹介します。

是非、スバルフォレスターの素晴らしい機能を確認していただいて

ご購入に踏み切っていただきたいと思います。

最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

【スバル・フォレスター】運転する際に運転しやすいのか?運転しにくいのか?

ここでは、まず、スバルの前提の機能についてご紹介します。

これがあるの上での運転しやすのか?しにくいのか?を判断していこうと思います。

①優れた認識性能を持つ、スバルの眼!ステレオカメラ

アイサイトの、高い認識能力を支える「ステレオカメラ」の性能が大幅に進化。

運転支援機能がさらにレベルアップしました。

ステレオカメラ単体で全ての制御を実現しているのはスバルのアイサイトのみ。

長年磨き続けてきた、ステレオカメラの高い認識性能は、

他社には無いアドバンテージです。

②プリクラッシュブレーキ

衝突の危険がある場合、ドライバーに注意を喚起。

回避操作がない場合はブレーキ制御を行い、

自動的に減速または停止。停止後は停止状態を保持*1します。

ブレーキによる回避操作があった場合は

「プリクラッシュブレーキアシスト」によって強い制動力を

発生させます。

インプレッサ:アイサイト(ver.3)【プリクラッシュブレーキ】

③全車速追従機能付クルーズコントロール

渋滞の際のイライラや長時間の運転で疲れを軽減してくれる機能です。

高速道路や自動車専用道路で、0km/h~100km/hの広い車速域で

先行車に追従走行。

渋滞時でも追従し、先行車が停止するとブレーキ制御で

減速、停止、停止状態を保持します。

ペダル操作のわずらわしさを軽減し、快適で安全なロングドライブを

提供します。

動画をつけておきますので、参考にしてみてください。

インプレッサ:アイサイト(ver.3)【全車速追従機能付クルーズコントロール】

④アクティブブレーンキープ

高速道路など自動車専用道路でのステアリング操作をアシストし

安全なロングドライブを支援してくれる機能です。

高速道路や自動車専用道路での走行時、

ステレオカメラで走行車線両側の区画線を認識してステアリング操作のアシストを行い、

車線内中央付近の維持や車線逸脱抑制がロングドライブでのドライバーの負担を大幅に軽減します。

この機能に関して搭載機種に関しては、レヴォーグ、WRX S4,レガシィB4,

レガシィアウトバック,インプレッサSPORT,インプレッサG4,XVです。

動画をつけておきますので、参考にしてみてください。

インプレッサ:アイサイト(ver.3)【アクティブレーンキープ】

⑤AT誤発進抑制制御/AT誤後進抑制制御

前方の壁や生け垣などの障害物が検知され、誤発進したとシステムが判断した場合、

警報音と警告表示で注意を喚起。同時にエンジン出力を抑え、発進をゆるやかにします。

動画をつけておきますので、参考にしてみてください。

インプレッサ:アイサイト(ver.3)【AT誤発進&誤後進抑制制御】

⑥警報&お知らせ機能

疲れや眠気で、つい運転が不安定になった際に

機械がお知らせしてくれる機能と安全運転をサポートしてくれる機能。

高速道路を走行中、疲れや眠気で注意力が散漫に。

そのため、クルマがふらついたり、車線からはみ出しそうになったり、

高速道路は、単調な走りなので、眠くなりやすく車線をはみ出しの走行をした際に・・・・

そんな時、アイサイトは車両のふらつきや車線からの逸脱を検知するとそれをドライバーに知らせて回避操作を促します。

また、信号待ちで先行車が発進しても、自車が発進しない場合も先行車の発進をお知らせします。

動画をつけておきますので、参考にしてみてください。

インプレッサ:アイサイト(ver.3)【警報&お知らせ機能】

上記の6つの機能が、車・アイサイトには、搭載されているものの

外の天候であったり、視界が不良であったりした際に、この機能が万全に

機能を発揮しない場合があるので、前提としては、安全運転で走行し

車間距離を十分にとることをお勧めします。

ということで上記の機能があるという前提で運転がしやすいのか?

運転しにくいのか?についての答えは、

・・・・・・・・運転しやすいです。

この他にもフォレスターは、車高が高いために視界が非常に広く

見やすいという点があるので、

答えは、運転がしやすいと私は、思いました。

是非、試乗などをして運転して実際に体験してみることをお勧めします。

スポンサーリンク

【スバル・フォレスター】自動ブレーキの安全性についてご紹介します。

自動ブレーキにも二つの機能が存在します。

①プリクラッシュブレーキ

前方のものに対して反応してくれる機能

広い視野角と視認距離の拡大により、横断歩行者や自転車を早い段階で認識し、

衝突の危険があるとシステムが判断した場合、ドライバーに注意を喚起。

回避操作がない場合はブレーキ制御を行い、自動的に減速または停止します。

前方車両との速度差が約50km/h以下なら衝突回避、または被害を軽減します

ブレーキによるドライバーの操作があった際には、プリクラッシュブレーキアシストにより

強い制動力を発揮し、停止することができる。

これに関しては、運転手と車との融合した機能なので、とても素晴らしいと思います。

②後退時自動ブレーキシステム

バック時に衝突をさけてくれる機能。

後退時、車体後部に装着されたソナーセンサーが障害物を検知。

衝突の可能性がある場合は、警報音と警告表示で、段階的に注意を喚起します。

回避操作がない場合は自動的にブレーキをかけ、衝突回避または被害を軽減します。

●障害物が近づいた際にドライバーに対して4段階での警告音と警告表示を

行ってくれるためにとてもわかりやすい。

●後退している際に衝突する危険があるとシステムが判断した際に

エンジン出力を抑え、ブレーキ制御を実施し、衝突を軽減し、

停止後は、停止状態を維持する。

これに関してもとても助かる機能かと思います。

思わず、アクセルを踏みすぎたということは、起こりがちでもあるので

あって損はないかと思います。

引用元 https://www.subaru.jp/forester/forester/safety/safety2_1.html

スポンサーリンク

【スバル・フォレスター】横滑り防止機能についてご紹介します。

この横滑り防止機能にかんしても2つの機能があります。

①アクティブ・トルク・ベクタリング

コーナリング性能や危険回避性能をさらに高める新機能です。

旋回時、VDCによってフロント*の内輪側にブレーキをかけることで相対的に外輪側の駆動力を大きくし、

クルマが外へ膨らむのを抑制。

スムーズかつ安定した姿勢で旋回できるようアシストします。

この機能に関しては、高速道路の分岐点であったり、山道。

一般道路に関してもカーブがきつい所があるので、

その際に非常に役立つ機能です。

②VDC(ビークルダイナミクスコントロール)

コーナリング中に車が滑り出しそうになった際には、

この装置が効果を発揮します。

クルマの走行状態を各種センサーで常に検知し、理想の走行状態に近づけるようドライバーをアシスト。

コントロールの限界付近では、4輪個別のブレーキ制御、エンジン出力制御、AWDトルク配分制御などを行い、

横滑りなどクルマの不安定な挙動を抑えます。

この機能に関しては、スバル フォレスターの雪道での走行の強さを発揮してくれると

思います。雪道の際には、滑ってしまう恐れがありますが、

このアシスト機能でそれを抑えることができると思います。

上記の2点の機能が発揮するためにも安全な速度での走行をお願いします。

引用元 https://www.subaru.jp/brand/technology/technology/safety_active.html

以上のように非常に素晴らしい機能を兼ね備えたフォレスター!

是非、購入の際に参考にしてみてください。

スバル・XTフォレスターが、値引き金額から更に50万円安くなる方法

「このスバル・フォレスターXTモデル、予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、スバル・フォレスターXTの購入を検討しているけど

悩みが尽きない…

と悩んでいる方は

非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで

まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを

ご紹介します。



スポンサーリンク