【スバル・フォレスター】車の維持費と車のローンについてと残価設定型ローンのメリット・デメリットについてご紹介します。

新型

ここでは、車・フォレスターのローンについて・残価設定型ローンについて・車の維持費についてをご紹介します。

好きな車だからこそ、好きという気持ちとそれを維持するためにもどのような形で

自分の大事な愛車を維持していけるのかをここでは、学んでいただきたいと思いますので、

最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

【スバル・フォレスター】車のローンについてご紹介します。

車(フォレスター)について、都内に住んでいる方であれば、マイカーを持っていないという人も多いかもしれない。

公共交通機関が充実していることに加え、駐車場を借りるにも月々大きな金額を支払わなくてはならないため、

マイカーの購入をためらう人もいるだろう。一方、日本には車がないと生活が難しい地域もたくさんある。
私の住んでいる地域に関しても車がないとも不便な生活になってしまう
地域になるので、車は、ほんとうに必需品です。

続いて、マイカーローンについてご紹介していきたい。

マイカーの購入は、人生の中でも大きな買い物の一つでもあります。
なので、マイカーローンを組んだ際には、金利がとても重要になってきます。

年数が経つごとにローンの金利が変化していくので、
注意して組んでもらいたい。金額の差が、何十万も発生してしまうことも

あるので、細心の注意を払っていただきたい。

ここで車(フォレスター)のローンについてご紹介します。

マイカーローンとは、自動車ディーラーや金融機関に購入代金を貸し付けてもらうことである。

つまりお金を借りる行為であるため、当然利息を支払うことになる。

毎月一定金額を返済していき、数年かけて返済をすることになる。

年利数パーセントとはいえ、金額が大きいだけにその利息も大きな金額になる。

近いうちに消費税も上がるかもしれないので、それも考慮して支払う回数を考えていきたい。

そして、マイカーローンの最大のメリットは、一括で購入するために何年もお金を貯めて購入するよりも、

その時車を手に入れることができるという点だろう。

毎月積み立てをし、購入するとなると何年先になるかわからない。

ローンを組むことで毎月支払いを行っていくため、貯金が苦手な人にもメリットは大きいと言える。

車(フォレスター)が急に必要になった場合にも、ローンは頼れる存在である。

ローンはそうした魅力がある一方で、貸付であるということから当然審査がある。

まずはその審査に通らなければ、利用することはできない。

また、車(フォレスター)のローンが生活に支障をきたし、支払ができなくなってしまうケースもあるかもしれない。

無理のない金額であるか、という点がポイントになる。

ここで注意してほしいのが、好きな車を購入しても、止む負えない理由で

購入した車(フォレスター)を売却して、ローンだけを払い続けている人もいる。

だから、購入する車は、どの車にするのか?どこでローンを組むのか?

無理のない支払金額なのか?車の使用用途がなんなのか?

よく考えて購入に踏み切っていただきたい。

ここで車(フォレスター)のローン選びの際に抑えておきたい9つのこと。

①審査の通りやすさ

審査の通りやすさの点においては、ディーラーローンが優位であるみたいです。

ディーラーの信販会社による審査のため、「可能な限り審査に通す」という傾向があるようだ。

ただし、その分金利は高く設定されている場合が多いので、注意していただきたい。

収入が安定しており、金融機関での融資を受けられる場合には、こちらを優先したい。

金融機関での融資が難しい場合にはじめてディーラーローンを検討、というのが理想的である。

金利が高ければ、非常に返済の際に苦しむことがあるので、よく注意する点である。

②金利

金利については、金融機関が優位に立っている。

審査の通りやすさの裏返しになるが、審査が通るのであれば低金利の金融機関でローンを組む方が得である。

また、都市銀行よりも地方銀行、店舗型よりネット銀行が一般的には低金利である。

もしもディーラーが、自社のローンをお勧めしてきた際には、

とにかく、他に貸してくれる所をよく比較することが大事です。

金利が高ければ、返済の金額がなかなか減らない形になってしまう。

③利便性

利便性とは、ローンを組む際の来店の要不要や、手続きの煩雑さの部分である。

ディーラーローンでは、手続き自体も簡単で、さらに、その手続きをしながら

購入手続きができるために、非常に利便性が、高い。

④固定金利か変動金利か

ここでは、ローンの金利を固定金利にするのか?

変動金利にするのかを考えていきたい。とても重要なポイントです。

固定金利の際には、利息金額がわかりやすいので返済計画が立てやすい

ものの高い金利が設定されていることが多いために、

返済の額が、大きくなってしまうかもしれません。

変動金利の際には、低めの金利が設定されているものの

将来的に金利が上昇するリスクを抱えているので、利率の見直し時期に

気を配る必要がある。

⑤補償料の有無

金融機関の中には、利息に加え「保証料」というものを支払う必要がある場合がある。

年数%の保証料がかかる場合には、利息に加え考慮しなくてはならない。

⑥融資までの期間

融資までの期間は、取り扱う金融機関、ディーラーによって異なるが、

ディーラーの場合には30分から1時間程度で審査結果がわかるというところもある。

一方、金融機関の場合には、その点でのスピードは劣るかもしれない。

販売店への支払い期日に間に合うように、余裕を持って申し込みを行うことが必要だ。

ここでもディーラーの処理および、スピーディーに物が運ぶようになっているので

再度、数字をよくみて判断していただくことをお勧めします。

⑦ローンに含まれる範囲

通常であれば、車両費用のみがローンの対象となるが、

オプションの購入費用や車検費用など車を購入した際に必要となる資金も対象としているローンもある。

⑧ 繰り上げ返済が可能か

最初に設定した月の支払額よりも多く支払いたい、

繰り上げ返済したいという場合にもローンによって可能かどうかが異なっている。

少しでも期間を短くすることが、利息の節約につながるため可能な限り早めに返済をしたいところである。

⑨サービスの充実さ

最後に、サービスの充実さを考えるとディーラーローンに軍配があがるだろう。

メンテナンスや車検費用をサービスしてくれる場合などもあるので、

金融機関でローンを組んだ場合の金利と比較し、そちらのサービス金額が多いようであれば、

そちらを選ぶというのも一つの手であるが、しかし、今後のディーラーとの付き合い

という部分では、ほぼほぼディーラーの勝ちになってしまうかもしれませんが、

再度、価格に関しては、検討をしたい!

上記のように ローンを選ぶ際の9つのポイントを上げてみました。

是非、車を購入する際には、この点を注意して

素敵な車を購入してくれることを願います。

スポンサーリンク

【スバル・フォレスター】残価設定型ローンについてとメリット・デメリットをご紹介します。

残価設定型ローンとは・・・なんなのでしょうか?

簡単に言うと・・・「車を買い換えるときの下取り分を購入時に差し引いて、残りの金額を分割で支払う」

ということです。

残価設定型ローンにも3年プラン・5年プランが存在しており、

その期間が経って際には、その車を買い取るか?新車に乗り換えるかを選べるわけです。

何かここだけ見ているととても良いように見えます。

まずは、残価設定型ローンのメリットから見ていきましょう。

5つのメリットをご紹介

①月々の支払いが少なくなる。

②契約終了時の買取額が保証されている。

③自動車ローンよりも金利が低い場合が多い。

④車検費用が掛からないことも

⑤3~5年ごとに新車に乗り換えられる

このように月々の支払いが安くなり、自動車ローンだと

3年~5年で全額支払わないといけないにもかかわらず、

残クレの場合は、月々が安くなり、3年~5年で新車に乗れて

車検の費用もかからないというとても良いことばかりです。。

次に4つのデメリットを見ていきたいと思います。

①走行距離の制限がある。

②事故や汚れの制限がある。

③カスタマイズができない。

④所有者は、ディーラーにある。

この4つを見ると、頭に(・・?マークが出ませんか???

ここで車両残価の補償の欄に条件が書いてあるのです・・・。

5つ記載してあります。

①走行距離が〇km以内。

②査定による減点が〇点以内。

③違法改造がされていないこと。

④点検や整備を受けていること。

⑤総支払い額が高くなることもある。

このように記載してあります。

要するに、走行距離をオーバーしたり、車をぶつけたり、車を改造したりすると

残価の保証がされないということになり、⑤に記載してある総支払い額が

ローンよりも少し高くなることもあるということなのです。

決して、良いことばかりでは、ないということなので、ローンというだけに

金利がかかってきますので、ローンを組む際には、しっかりと

シュミレーションを実施して、決断するようにしましょう。

スポンサーリンク

【スバル・フォレスター】車の維持費についてご紹介します。

スバル・フォレスターについての車の維持費を順番に見ていきたいと思います。

①自動車税

これに関しては、総排気量1.5リットル超2リットル以下/39,500円

★ハイブリッドカーに関しては、初年度無料。

ということで、年間維持費39,500円です。

②1年あたりの自動車重量税

H27年基準+0%(30,000÷3=10,000円)

H27年基準+10%(22,500÷3=7,500円)

H27年基準+10% (16,800÷3=5,600円)

年間維持費は、5,600円~10,000円になります。

③1年あたりの自賠責保険料(強制保険)

37ケ月(36,780÷3=12,260円)

参考にしているのは、https://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/04relief/index.html

④車検費用 年間維持費20,000円

⑤自動車保険料(任意)

20歳~60歳/6~10等級/車両保険なし

約年間維持費 30,000円~90,000円

⑥ガソリン代

年間8,000km走行/レギュラー140円/ハイオク150円/L

JC08カタログ燃費/13.2km/L~16.0km/L

年間維持費 75,000円~84,848円

⑦駐車場代

12ヶ月(8,000円×12=96,000円)

年間維持費 96,000円

⑧オイル交換代

4L(作業費込み1,000円)

年間維持費 5,000円

⑨その他費用

タイヤ交換代・リサイクル料金など

年間維持費 40,000円

⑩合計すると・・・・ 323,360円~412,570円

1か月で換算すると・・・26,946円~34,380円

⑪駐車場が、家にあるという方用に・・・

駐車場がない場合・・・・ 227,360円~316,570円

このように金額を明確にみると意外と維持費が、かかることがわかります。

1か月に換算しても費用としては、かかってきますので

ほんとに大事に乗りたいものですね。

是非、スバル・フォレスターを購入の際に参考にしていただければと思います。

スバル・XTフォレスターが、値引き金額から更に50万円安くなる方法

「このスバル・フォレスターXTモデル、予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、スバル・フォレスターXTの購入を検討しているけど

悩みが尽きない…

と悩んでいる方は

非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで

まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを

ご紹介します。



スポンサーリンク