【スバル・フォレスター】どのようなオプションがあるのか?ナビの性能についてご紹介。

カスタム

フォレスターの車を購入する際にオプションであったりナビの性能であったり

パーツのお勧めなどが、頭に入っていれば、

自分好みのカスタマイズができ、自分の気に入った車に

毎日、乗れて、最高に気分がいいと思いませんか?

そんな最高の運転ができるように色々と

紹介していきたいと思います

スポンサーリンク
  1. 【スバル・フォレスター】どのようなオプションがあり、おすすめは?
    1. ①フロントグリル(メッキ/ピアノブラック調)41,580円
    2. ②LEDアクセサリーライナー 55,080円 Touring:68,040円
    3. ③ドアミラーセット(クロームメッキ/ブラックメッキ)29,160円
    4. ④リヤバンパーパネル 43,740円
    5. ⑤ドアガーニッシュ 69,120円
    6. ⑥サンルーフバイザー 20,520円
    7. ⑦ホイールデカール レッドオレンジ 20,520円
    8. ⑧スプラッシュボード 24,840円
    9. ⑨ドアバイザー 24,840円 光輝モール付:33,480円
    10. ⑩LEDフォグランプ クリア:32,400円 イエロー:36,720円
    11. ①コンソールパネルセット 21,600円
    12. ③コンソールオーナメント ウルトラスエード 18,360円
    13. ④インパネパネル ウルトラスエード 20,520円
    14. ⑤ドリンクホルダーイルミネーション 30,240円
    15. ⑥フットランプ 30,240円
    16. ⑦ウエルカムライト 17,280円
    17. ⑧サイドシルプレート 17,280円
    18. ⑨オールウェザーシートカバー(ブラック/ストライプ)
    19. フロント2席分:22,680円 リヤ3席分:18,360円
    20. ⑩パートナーズカバー 20,520円
    21. ⑪フロアカーペット(ブラック/オレンジアクセント) 27,540円
    22. ⑫トレーマット(グレーオーナメント/オレンジオーナメント) 19,980円
    23. ⑬カーゴステップパネル(ステンレス/樹脂)
    24. ⑭カーゴルームプレート 15,120円
    25. ⑯オールウェザーカーゴカバー 17,280円
    26. ⑰リヤゲートライト 38,880円
    27. ①SUBARU純正ドライブレコーダー 54,648円
    28. ②リヤビューカメラ(C-MOS) 39,960円
    29. ③リヤビューカメラブロワー 20,520円
    30. ④ディスプレイコーナーセンサー(フロント2センサー) 37,800円
    31. ⑤リヤエンターテイメント(10.1型ワイドVGA+LED) 105,840円
    32. ⑥キーレスアクセスアップグレード 25,920円
    33. ⑦リモコンエンジンスターター 69,120円
    34. ⑧フェンダーコントロール マニュアル 20,520円
  2. スバル・XTフォレスターが、値引き金額から更に50万円安くなる方法

【スバル・フォレスター】どのようなオプションがあり、おすすめは?

エクステリアに関して10個ありますので、一つ一つご紹介します。

①フロントグリル(メッキ/ピアノブラック調)41,580円

クルマの顔の印象を大きく変えるフロントグリル。

グリル枠はフロントフード側のメッキ(X-BREAKはピアノブラック調)と色調を合わせ、

クールなブラックメッシュはLEDアクセサリーライナーともコーディネイトしています。

ただし、メッキは、Touring、Premium、Advance用。

ピアノブラック調:X‐BREAK用になっています。

車を真正面から見た時の見た目になるので、かっこよさでは、重要なのかなと思います。

②LEDアクセサリーライナー 55,080円 Touring:68,040円

いまやSUBARU車の定番となった、各車専用デザインのLEDアクセサリーライナー。

点灯時のフラットな発光だけでなく、消灯時のミラーフィニッシュも魅力的。

メッシュ部分はフロントグリルとコーディネイトしています。

非常にLEDを使用していることにより見え方が全然違っています。

フォレスターアクセサリー:LEDアクセサリーライナー

このオプションをつけた人の意見を記載していきます。

●高額の割には、目立たない

●前々からつけたくてつけました。

●とてもかっこよかったので、つけました。

色々な意見があるので、参考にどうぞ。

③ドアミラーセット(クロームメッキ/ブラックメッキ)29,160円

これをつけているとおしゃれという意見が多いみたいなので

見た目重視の方には、おすすめのオプションです。

④リヤバンパーパネル 43,740円

車自体の色が暗い色ですと、とてもアクセントになっていいパーツかと思います。

こちらのオプションに関しては、Touring、Premium用になります。

⑤ドアガーニッシュ 69,120円

光輝モール付になっていまして、非常に見た目がきれいです。

⑥サンルーフバイザー 20,520円

サンルーフ車専用になっています。

こちらのメリット・デメリットを記載します。

メリット・・・・・

●解放感がある。

●オープンカー気分

●明るさが違う

デメリット・・・・

●雨漏りがする

●ゴムの部分がカビてしまう

メリット・デメリットが存在しますので、ご参考にどうぞ。

⑦ホイールデカール レッドオレンジ 20,520円

X-BREAKを彩るレッドオレンジのアクセントと色調を合わせ、6つのデカールのうち1つにはX-BREAKロゴをあしらったハイボスカル製ホイールデカール。

停車時と走行時で、異なる印象が愉しめます。

残念なことにこちらのアイテムは、X-BREAK専用のアイテムとなっています。

⑧スプラッシュボード 24,840円

こちらは、車の泥除け用なのですが、2つの機能を果たしてくれます。

1・雨天時にスプラッシュボードがないと雨水を大きく弾き、後続車や

周りに迷惑をかけるので、その方たちに配慮ができる点。

2・舗装されている道路を走行していても小石をはねることは、あります。

ましてや、SUV車を乗るので、遠出・悪路を走ると考えられるので、

ボディ下部の傷を軽減してくれる機能を果たします。

⑨ドアバイザー 24,840円 光輝モール付:33,480円

ただし、仕様にもタイプ別でオプションが変わります。

光輝モール無:Touring、X‐BREAK用。

光輝モール付:Premium、Advance用。

このバイザーのメリット・デメリットを記載します。

メリット・・・・

●車内の換気をする際に雨天関係なくできること。

●炎天下での駐車場での熱逃がし効果。

●車酔いの人がいた際の外気に直接あたることによる酔いの軽減。

デメリット・・・

●見た目が悪い

●窓ガラスの掃除の邪魔になる。

●視界が狭くなる。

●風きり音がうるさい。

●余計な出費が増える。

このような意見がありますが、私自身は、つけていますので、

とても役立っているのが現状です。

⑩LEDフォグランプ クリア:32,400円 イエロー:36,720円

こちらもつけたメリット・デメリット記載していきます。

メリット・・・・

●とにかく、明るい!

●街灯のない道でもとても明るいので、運転しやすい。

デメリット・・・

●値段が高すぎる。

以上のように、メリットの意見が多数をしめている状況。

とても、重宝されているオプションかと思われます。

インテリアについて14個ありますので、一つ一つご紹介していきます。

①コンソールパネルセット 21,600円

こちらに関しては、Touring、Premium、Advance用になります。

これは、ほんとに見た目のみとなりますので、

②コンソールリッド ウルトラスエード 20,520円

乗る人の手に触れる部分に、

束状の超極細繊維を緻密に絡み合わせた東レ製スエード調人工皮革「ウルトラスエード®」を贅沢にレイアウト。

アクティブな一日の心地よい疲れを癒す、手に触れる上質を。

こちらも、Touring、Premium、Advance用になります。

③コンソールオーナメント ウルトラスエード 18,360円

乗る人の手に触れる部分に、

束状の超極細繊維を緻密に絡み合わせた東レ製スエード調人工皮革「ウルトラスエード®」を贅沢にレイアウト。

アクティブな一日の心地よい疲れを癒す、手に触れる上質を。

こちらも、Touring、Premium、Advance用になります。

こちらを購入した意見は・・・

●とても手触りがよく質感も最高。

●これだけで18,000円は、いたい・・・。

運転している際に運転手の疲れを癒してくれるオプションですね。

④インパネパネル ウルトラスエード 20,520円

乗る人の手に触れる部分に、

束状の超極細繊維を緻密に絡み合わせた東レ製スエード調人工皮革「ウルトラスエード®」を贅沢にレイアウト。

アクティブな一日の心地よい疲れを癒す、手に触れる上質を。

こちらに関しても触り心地抜群みたいです。

⑤ドリンクホルダーイルミネーション 30,240円

スモールランプ連動(ON/OFFスイッチ付)

動画を貼り付けておきます。

フォレスターアクセサリー:ドリンクホルダー

車内が暗い時でも飲み物がすぐに置けるし、取り出せますね。

⑥フットランプ 30,240円

動画を記載しておきます。

フォレスターアクセサリー:フットランプ

足元が光るので、とてもアクセル・プレーキの位置が

わかりやすく、何か落としても見やすいかなと思います。

⑦ウエルカムライト 17,280円

ドアを開くとLEDで六連星を路面に照射します。

これに関しては、ほんとに自己満足オプションかと思います。

⑧サイドシルプレート 17,280円

両フロントにつくオプションです。

こちらに関して、購入した人の意見です。

●キズ隠しになり、アクセントに良い。

●ドアを開けた時のアクセントに良い。

●傷防止になり、見た目良し。

●少々、値段が高い気がします。

●サイドシルプレートがついてない所が傷つきやすい。

色々な意見がありますね。

是非、参考にしてみてください。

⑨オールウェザーシートカバー(ブラック/ストライプ)

フロント2席分:22,680円 リヤ3席分:18,360円

注意してほしいのが、本革シート車は、使用不可。
こちらを購入した人の意見は・・

●仕事着で乗ってもシートカバーしてあるので、汚れない。

●子供が、乗った際に汚れなくて済んだ。

などの意見が見受けされます。

要するにきれいに保つためのオプションということになります。

⑩パートナーズカバー 20,520円

まさにペット向けのオプションとなります。

⑪フロアカーペット(ブラック/オレンジアクセント) 27,540円

ブラック:Touring、Premium、Advance用になります。

オレンジアクセント:X‐BREAK用になります。

他のマット類と重ねての使用不可になりますので、ご注意を。

こちらに関しては、車のタイプによって装着できるオプションが

限られてくるので、ご注意を。

⑫トレーマット(グレーオーナメント/オレンジオーナメント) 19,980円

購入した方の意見を記載します。

●畑作業の際に、フォレスターを使用していまして、

トレーマットにしているおかげで清掃しやすい。

●濡れた靴でも気兼ねなく、乗ることができる。

●子供たちが汚しまくりますが、掃除は、とても楽。

●雨・雪・泥などで汚れた際の掃除が楽。

●ラバー製のために、雪・雨の日に滑りやすい。

色々な意見があります。

掃除しやすい・汚れを落としやすいという意見が多かったです。

車内をきれいに保つには、必須のアイテムかも。

⑬カーゴステップパネル(ステンレス/樹脂)

ステンレス:15,120円

樹脂:14,040円

デザインアクセントと車体保護を兼ねた、

SUVの定番カーゴステップパネルは2種類。

質感の高いステンレスパネルは、カーゴルームプレートとのコーディネイトもおすすめ。

バンパー外側までカバーする樹脂パネルは、自転車などの積み込みにも便利で、

車体側のオフブラック樹脂パーツとも違和感なく馴染みます。

こちらにも購入した意見を記載します。

●デザイン重視→ステンレス。樹脂→機能重視。

●傷隠しのために装着しました。

●ステンレスだと、熱くなって腰掛けられない。

色々な意見がありますので、ご参考にどうぞ。

⑭カーゴルームプレート 15,120円

 

ステンレス製になっています。

購入した方の意見です。

●傷防止に役立っている。

●後ろを開けた際のアクセントになっている。

●見た目がかっこいい

●購入したものの、実用性がない。

●重いものを引きづる際の傷防止になっている。

上記のように役立っているという意見と

あまり役立っていないという意見にわかれています。

是非、参考にしてみてください。

⑮カーゴトレーマット 18,360円

こちらに関しては、Touring、Premium、Advance用になります。

ご購入したの方の意見です。

●ロードバイクの積み込みやアウトドアで役立っています。

●荷物をたくさん乗せるので、役立っています。

●母の車いすを乗せるのに購入しました。

●釣りに行く際のとても役立っています。

●とても機能的で役立っています。

●夏のジェットスキーや海水浴で非常に重宝しています。

色々な意見をまとめると車の使用用途によって

トレーマットをつけるかつけないかを判断したほうが良さそうですね。

購入した方は、みんな役立っている意見が多数!

⑯オールウェザーカーゴカバー 17,280円

こちらに関しても、Touring、Premium、Advance用になっています。

ご購入した方の意見です。

●仕事で工具を積んだり、冬にスキーに行くので、これをつけることにしました。

●子供たちの運動会でとても役に立っています。

おかげ様でカーゴルームが汚れずに済みました。

●ダイビングをするので、カバーと一緒にブルシートも敷いて利用しています。

上記のように使用用途によって、非常に重宝されています。

逆を言うと上記のように使用しない方は、いらないかと思います。

⑰リヤゲートライト 38,880円

カーゴ床面で11カンデラにおよぶ大光量リヤゲートライトは、

夜のキャンプサイトやナイトフィッシングでも目を引くアイテム。

夜の積み降ろしや、カーゴ開口部に腰かけて、

雨をしのぎながらの作業などにも便利です。

こちらに関しては、X-BREAK全車とTouring、Premium、Advanceの

パワーリヤゲート車用のみのオプションとなります。

動画を載せておきます。

夜などには、とても荷物が載せやすくなっています。

フォレスターアクセサリー:リヤゲートライト

購入した方の意見です。

●暗いうちに作業をする釣りなどをするので、とても役立ちました。

●値段を抜きにすれば、つけてよかった。

●キャンプに頻繁に行くので、とても重宝しています。

こちらに関しても、アウトドアを実施する人にとっては、

必須アイテムかと思われます。

ドライブアシストについて8つあるのでご紹介します。

①SUBARU純正ドライブレコーダー 54,648円

前後方録画やWi-Fiにも対応するアイサイト適合ドライブレコーダー。

昨今、あおり運転などのよろしくない運転があるので、この純正の

ドライブレコーダーは、良いと思います。純正ですので、

後から取り付ける必要もないですし、保証期間もしっかりしているので

外部でつけるよりもこれをお勧めします。

②リヤビューカメラ(C-MOS) 39,960円

ステアリング連動ガイドラインで、

バック時の予想進路を表示し駐車をサポート(全ディーラーOPナビ対応)。

車内の人や荷物で後方視界が悪い時に、後方映像をしっかり表示。

夜の雨にも安心の「リヤビューカメラブロワー」も追加できます。

こちらに関しては、バックカメラなので、必須アイテムかと思います。

③リヤビューカメラブロワー 20,520円

カメラのレンズに付いた雨滴等を、

高圧空気で吹き飛ばすリヤビューカメラブロワー。

ギヤをリバースに入れた状態でリヤワイパーを作動させると1.5秒間作動します。

こちらに関しては、リアビューカメラだけで十分かなと思われます。

④ディスプレイコーナーセンサー(フロント2センサー) 37,800円

フロントコーナー感知範囲:最大約60cm・水平約110°×垂直約70°

このセンサーは、必要かと思います。

前方などの障害物などを感知してくれるので、運転に役立ちます。

⑤リヤエンターテイメント(10.1型ワイドVGA+LED) 105,840円

ゲーム機の入力は、できないみたいですが、子供にとっては、

テレビが大好きなので、ファミリー向けかと思います。

⑥キーレスアクセスアップグレード 25,920円

車両のアクセスキー(スペア含む2個)で、

キーレスアクセスと同等距離からエンジン始動も可能になります。

こちらに関しては、一言で言うと便利。つけて損は、なし。

⑦リモコンエンジンスターター 69,120円

より遠距離から使用でき、

始動/停止をメロディ&LEDで確認できる

エンジンスタート専用リモコンもセット(キーレスアクセスアップグレード機能もこの商品に含まれています)。

こちらに関しては、エンジン専用なので、必要ないかと思われます。

⑧フェンダーコントロール マニュアル 20,520円

ポール長は手動で調整可になっています。

こちらに関しては、右や左前方を見やすくするアイテム。

私は、必要ないかと思います。

ここでほんとうにここでおすすめのオプションとは・・・・

①フロアカーペット

これに関しては、純正品であれば、ずれないですし、

運転の際にも安心して使用していただけます。

②ドアバイザー

こちらに関しては、気軽に窓を開けることができ、

雨が入ってこないことが非常にメリットかと思います。

③リアビューカメラ

こちらに関しては、バックする際にこのままバックしたら、

この方向になりますと色で指示してくれるので、とても重宝すると思います。

④キーレスアクセスアップグレード

こちらに関しては、鍵を手動で開けるよりかは、とても便利かと。

色々な荷物を持っている際にも簡単に扉を開けることができる。

⑤スバル純正ドライブレコーダー

昨今、あおり運転など危険が、外には、潜んでいるので、

この最初からついているドライブレコーダーであれば、

品質であったり、安全性、保障期間も長いのおすすめです。

⑥ディスプレイコーナーセンサー

フォレスターは、車高が高いので、下のほうが見えないために

前方のセンサーは、非常に役立つと思うので、おすすめです。

以上の6点あれば、問題ないかと思います。

後は、購入者の使用用途によって、オプションをつけるかどうか

悩んで決めていただけると幸いです。

 

【スバル・フォレスター】ナビの性能についてのご紹介

こちらでおすすめしたいのが・・・・・

カロッツェリア 楽ナビ 160,920円(7インチ139,320円)

定番エントリーモデルとしての使いやすさに加え、

オプションのカロッツェリア高音質スピーカーとともに車種別音響チューン(SUBARU BRZ除く)のサウンドも愉しめる人気の楽ナビ。

いつものスマホ感覚で使いこなせるパネル操作や、

VICS WIDE & NaviCon対応など便利な最新ナビ機能など、

世代を問わず使いやすい親切ナビです。

ここでは、純正ナビよりも社外ナビの方が、安いのでは?という意見があると思います。

もちろん、社外の方が安いのは、事実です。

じゃあ・・・なぜ、純正品を使用することをお勧めするのか?!

それは・・・

●安全性が高い

●保証期間が長い

●価格が安い

社外ナビと純正品との違いを紹介していきます。

①保証期間

純正ナビ・・・3年6万km

社外ナビ・・・1年間。走行距離の保証なし。

ナビは、2年目以降に故障がでるとネットなどでは、話題となっているために

保証期間の長い純正ナビを選んでおけば、安心です。

②価格が安い!

ここでは、実際に計算していきたいと思います。

例えば、スバル純正ナビと同等クラスの社外ナビの価格は約9万円。

社外ナビにリアビューカメラ・ステアリングスイッチなどの取り付け工事を含めて

計算すると・・・

社外ナビ・・・9万円

社外ナビ接続用
ステアリングスイッチ
ケーブル&アダプター・・・1万円

リアビューカメラ・・2万円

パーツ取り付け・施工工事・・5万円

合計で・・・・17万円

ここで、純正ナビは、約20万円なので、社外ナビの方が3万円ほど安くなりますが

純正ナビの方が、実際には、10%~20%のオプションをディーラーの

方が値引いてくれるのが、現状ですので、純正ナビ約16万円・社外ナビ約17万円。

ということになるので、純正ナビの方が、安いことが判明すると思います。

是非!純正ナビを設置することを強くお勧めします。

スバル・XTフォレスターが、値引き金額から更に50万円安くなる方法

「このスバル・フォレスターXTモデル、予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、スバル・フォレスターXTの購入を検討しているけど

悩みが尽きない…

と悩んでいる方は

非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで

まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを

ご紹介します。



スポンサーリンク