【スバル・フォレスター】エコカー減税と自動車税についてご紹介します。

新型

ここでは、自動車にかかる自動車税やかかる費用、

それを補ってくれるエコカー減税についてご紹介いたします。

お気に入りの車を維持するためにも自動車にかかる費用や自動車税については、知っておく必要があります。

それとエコカー減税に関しても得をするものでもありますので、知っておく必要がありますので

よーくここでの記事を確認をして自動車の維持を心がけてください。

それでは、最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

【スバル・フォレスター】エコカー減税についてご紹介します。

エコカー減税とは・・・グリーン化税制と環境対応車普及促進税制の2つを合わせたものを一般的にエコカー減税と言っています。

適用期間を記載します。

自動車税

平成29年4月1日から平成31年3月31日までの新車登録車を対象(購入の翌年度の1回に限り適用)

自動車取得税

平成29年4月1日から平成31年3月31日までの間に、新車登録・届出した場合

自動車重量税

平成29年5月1日から平成31年4月30日までの間に、新車登録及び初回の継続車検を受ける場合で、期間内1回のみ。

★自動車税・取得税の減税は燃費基準が厳格化した上で平成31年3月31日まで、重量税は平成31年4月30日まで延長されました。

要するに、エコカー減税とは、上記の3つの税金が減税もしくは、免除されることである。

さらに、排気がクリーンで燃費が優れている次世代自動車においては、初年度の継続車検時の

自動車重量税が免除され、さらに購入する時期によっては、長い期間に渡って、恩恵を受けることが

できるのである。

ここでスバルの減税対象車をご紹介します。

スバルの減税対象車一覧

スバルのエコカー減税(自動車重量税・自動車取得税)やグリーン化特例(自動車税)の対象車をご紹介します。

スバルといえばアイサイト!そしてモデルではレガシーやインプレッサそしてWRXが代表的車種ですが、もちろん減税対象車としてラインアップしています。

中でも「WRX S4」が減税対象車としてラインアップしているのに驚く方もいますね。

スバルには「SUBARU XV HYBRID」というハイブリッドモデルもあり、レガシーやインプレッサそしてWRXといった高性能モデルから軽自動車まで幅広い車種が減税対象車としてラインアップしているのが特徴ですね。

反面、ハイブリッドモデルが「SUBARU XV HYBRID」しかないのは少し意外です。

減税対象車 免税・減税対象グレード
LEGACY

OUTBACK

OUTBACK,OUTBACK Limited
LEGACY B4 B4,B4 Limited
LEVORG 1.6GT,1,6GT EyeSight,1,6GT-SEyeSight

2.0GT EyeSight.2.0GT-S EyeSight

FORESTER 2.0i.2.0i-L.2.0-L EyeSight.X-BREAK.

S-Limited.2.0XTEyeSight

WRX S4 2.0GT EyeSight.2.0GT-S EyeSight
EXIGA 2.5i EyeSight.AIRBREAK.2.5i spec.

B EyeSight

SUBARU XV 2.0i.2.0-L.2.0i-L  EyeSight.

2.0i-S EyeSight.POP STAR

IMPREZA G4 1.6i-L.1.6i-.2.0i.2.0i EyeSight.

2.0i-S.2.0i-SEyeSight

このような形で色々な車種に渡って、恩恵を受けることが可能です。

 

スポンサーリンク

【スバル・フォレスター】自動車税についてご紹介します。

自動車税とは、都道府県税で、自動車の登録してある都道府県から課される税金のことを言います。

13年経過の自動車税の表になります。

(乗用・自家用)

区分 13年経過の通常の税額
総排気量1リットル以下 29,500円
総排気量1リットル超

1.5リットル以下

34,500円
総排気量1.5リットル超

2リットル以下

39,500円
総排気量2リットル超

2.5リットル以下

45,000円
総排気量2.5リットル超

3リットル以下

51,000円
総排気量3リットル超

3.5リットル以下

58,000円
総排気量3.5リットル超

4リットル以下

66,500円
総排気量4リットル超

4.5リットル以下

76,500円
総排気量4.5リットル超

6リットル以下

88,000円

総排気量6リットル超ともなると税額111,000円にもなります。

次にエコカー減税適用後の金額を記載します。

 

区分 75%軽減 50%軽減
総排気量1リットル以下 7,500円 15,000円
総排気量1リットル超

1.5リットル以下

9,000円 17,500円
総排気量1.5リットル超

2リットル以下

10,000円 20,000円
総排気量2リットル超

2.5リットル以下

11,500円 22,500円
そう排気量2.5リットル超

3リットル以下

13,000円 25,500円
総排気量3リットル超

3.5リットル以下

14,500円 29,000円

ここでエコカー減税による自動車税軽減のスケジュール

新規登録時→軽減適用なし。

登録の翌年4月1日の場合→軽減適用。

登録の翌々年4月1日の場合→軽減適用なし。

ここで例として・・・

平成29年10月に新規登録した場合

平成30年度の自動車税→軽減適用。

平成31年度の自動車税→軽減適用なし。

エコカー減税は、ほんとにお得な金額設定。なおかつ、地球にやさしい車。

買い替えの際には、このエコカー減税適用車にしたほうが、

割引きが効く!地球にやさしい!節約できる!

3拍子そろってますね。

スポンサーリンク

【スバル・フォレスター】自動車にかかってくる費用についてご紹介します。

新車や中古車に関わらず、購入時には、本体価格のほかに色々な経費がかかって

きます。色々な経費をよく頭で考えた上で、車の購入することをお勧めします。

ここでは、車にかかる経費について記載していきます。

①自賠責保険料

交通事故が起きた際の被害者への補償のための保険です。

新車・中古車に関わらず購入者には、加入が義務付けされています。

例として・・・・

37か月 36か月 25か月 24か月 13か月 12か月
自家用乗用車 40,040円 39,120円 28,780円 27,840円 17,310円 16,350円
軽自動車 37,780円 36,920円 27,240円 26,370円 16,500円 15,600円

この金額がかかってきます。

 

②自動車保険(任意)

任意では、あるものの重大な事故に対して高額な損害賠償が請求されることも

近年多くなってきているので、加入することをお勧めします。

最近では、ダイレクト系(インターネットの保険)などの保険サービスも

あるので、とても割安で加入することができる。新車・中古車での価格差は、

ないものの、新車では、安全装備・セキュリティーなどが充実しているので、

割引きを受けられやすい可能性があります。

③販売諸費用(検査・登録費用・車庫証明費用・納車費用)

検査・登録費用で法定費用が、¥2,000~¥4,000.代行手数料が¥10、000~¥20、000。

車庫証明費用の法定費用が、¥2、500円程度。代行手数料が、¥10、000円程度です。

納車費用は、¥10、000~¥20、000です。

④自動車リサイクル料

自動車を処分し、解体した際にエアバックなどの処分をする費用。車種によって異なる。自動車の売買時に価格に上乗せされており、最終使用者が支払う仕組みであるため、中古車購入時においても支払う必要がある。中古車購入時にはリサイクル券がきちんとそろっているかどうか確認しておく。

例として・・・・

エスティマ・・・¥15、600~¥16,650

ウ”ィッツ・・・・¥10、900~¥11、500

ワゴンR・・・・¥10、260

⑤車検費用

車検時に支払う自動車重量税、自賠責保険料、検査・登録費用、車検整備・点検費用、登録代行費用のほか必要であれば部品代がかかる。車検時の法定費用に新車、中古車の違いはないが、年式の古い車は車検に適合するために劣化した部品を交換する必要があり、そのための費用が余分にかかってくる可能性がある。

しっかりとみてくれる所が良い。変に色々なものをお勧めされる所よりかは、

しっかりとした対応。私自身は、いつもお世話になっているディーラーにお願いをしています。

項目 費用
車両重量税 ¥37,800
自賠責保険料 ¥24,950
検査・登録費用 ¥1,800
車検整備・点検費用 ¥5,000~
部品代 ¥0~
登録代行手数料 ¥15,000~20,000

ほんの例として記載させていただきました。

これも受ける整備店にもよるので、参考程度でお願いします。

⑥燃料費

直近では、レギュラー1リットル140円で販売されている。(2018年8月18日データ)。コストコなどは、もっと安いとは、思いますが。

ハイブリッドなどの車は、ガソリン車よりも年間の費用がかからない傾向があります。

⑦駐車場代

月極めで賃貸する場合に必要となります。

あいにく、私自身は、家に駐車場がついているので、この費用がかからないものの都心に住んでいる人は、少し金額が上がる可能性があります。

⑧日常点検・整備費用

エンジンオイル、エアフィルター、タイヤなどの消耗品代、交換を店舗に依頼する場合はその工賃、定期点検や修理、洗車代など、クルマを維持するときはそれらメンテナンス代がかかります。

⑨マイカーローン

マイカー購入のための専用ローン。購入する時に販売店やディーラーで契約するのが主流だが、現在は大手銀行や地方銀行、信販会社などの金融機関も参入し、選択肢が充実してきている。金利、申込み条件、審査内容は貸出元によってさまざま。

あまり、車でローンを組むのは、おすすめしません。

なので一括で購入することをお勧めします。

 

 

 

スバル・XTフォレスターが、値引き金額から更に50万円安くなる方法

「このスバル・フォレスターXTモデル、予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、スバル・フォレスターXTの購入を検討しているけど

悩みが尽きない…

と悩んでいる方は

非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで

まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを

ご紹介します。



スポンサーリンク